坂道グループ

【2021年最新版】坂道3グループMV再生回数トップ10を”徹底解説”

本記事の内容

・坂道グループMV再生回数ランキングトップ10!
・惜しくもランクインできなかった上位20曲も紹介
・最新内容に随時更新

ブログを開いていただきありがとうございます。
『ごましおの坂』へようこそ!

こんにちは、ごましお(@gomashio_salad)です。

今回は乃木坂46・櫻坂46(欅坂46)・日向坂46のMV再生回数トップ10を紹介し、それぞれの曲について徹底解説していきます!

ごましお
ごましお
この記事は随時更新予定なのでお見逃しなく!

坂道グループファンは必見です!!

 

坂道3グループMV再生回数トップ10

発表の前に、参考として各グループのYouTubeチャンネル登録者数は以下の通りです。

乃木坂46…138万人

欅坂46……104万人

日向坂46…56万人

※2021年2月9日 筆者調べ

こう見ると、他の2グループに比べ日向坂46が約2分の1の登録者数で若干不利に見えます。

単純に考えて乃木坂46が首位を独占しそうですが、どうなるのでしょうか…?

それでは、ランキングの発表です!!

 

10位

第10位は「裸足でsummer」3330万回再生!

乃木坂46の15枚目シングルとして、2016年7月にMVが公開されました。

乃木坂46夏の定番曲で、橋本・生田・西野・白石・飛鳥という強すぎるフロントメンバーによってフォーメーションが固められています。

そのフロントメンバーのうち半分以上が卒業してしまっているせいか、明るいながらもどこか切なさと儚さを感じられる曲調は、今聞いてもとても素敵です。

 

9位

第9位は「帰り道は遠回りしたくなる」3526万回再生!

乃木坂46の22枚目シングルとして、2018年10月にMVが公開されました。

現在はドラマやバラエティで幅広く活躍している西野七瀬さんの卒業シングルで、MVの要所要所には思わず感動するような小ネタが仕組まれています。

与田ちゃん(与田祐希)やえんさく(遠藤さくら)がセンターを引き継いでいるというのも良いですよね。

風のように 風のように
思うままに 生きてみよう
過去がどんな眩しくても
未来はもっと眩しいかもしれない

出典:LyricFind

僕がこの曲で1番好きな歌詞です。
この歌詞を聞くと本当に励まされます。

 

8位

第8位は「アンビバレント」3726万回再生!

欅坂46の7枚目シングルとして、2018年7月にMVが公開されました。

相反する2つの感情を描いた歌詞が欅坂の雰囲気にピッタリで、思わず聞き入ってしまう曲です。「欅共和国2018」のアンコールでサプライズ発表されたことでも有名ですよね!

現在は小池美波がセンター務めており、ラストライブでも圧巻のパフォーマンスを披露していました。

【欅坂46】THE LAST LIVE 感想 / セットリスト / 円盤化は?10月12日・13日に行われた『欅坂46 THE LAST LAVE』。改名前最後ライブに参加した感想をはじめ、セットリストや円盤化はあるのかについて徹底解説していきます。ライブの見どころについても詳しく説明するので、ライブを見ることができなかったという方にもオススメ。欅坂ファンの方は必見です。...

 

7位

第7位は「風に吹かれても」3844万回再生!

欅坂46の5枚目シングルとして、2017年10月にMVが公開されました。

欅坂46では珍しいアップテンポの曲で、現在でもたびたび音楽番組で披露されるほどの人気を誇る楽曲で、長濱ねるさんが「けやき坂46」との兼任を解除した転機のシングルでもあります。

全員スーツというアイドルとは思えないような衣装ですが、そこをかっこよく着こなしてしまうのがさすが欅坂。

 

6位

第6位は「シンクロニシティ」4217万回再生!

乃木坂46の20枚目シングルとして、2018年4月にMVが公開されました。

卒業ライブを機にグループから卒業した白石麻衣さんがセンターの曲で、選抜メンバー・衣装・曲調など乃木坂46を象徴するかのような作品。

この曲を機にグループから卒業した生駒里奈さんが、センターを辞退して次世代に託したことでも有名な楽曲です。

 

5位

第5位は「ガラスを割れ」4978万回再生!

欅坂46の6枚目シングルとして、2018年2月にMVが公開されました。

欅坂46の中でもトップクラスに激しいダンスが特徴で、MVも「かっこいい」の一言に尽きます。

特にオンラインライブで披露された「ガラ割れ」は、オンラインならではの会場の大きさを大胆に使って前進してくるパフォーマンスが本当に圧巻でした。

 

4位

怒涛の欅坂ラッシュはまだまだ続きます。
第4位は「二人セゾン」で、6139万回再生!

欅坂46の3rdシングルとして、2016年11月にMVが公開されました。

季節の移り変わりを巧みに表した、エモさと美しさの塊のような楽曲です。櫻坂46に改名した今、その良さがより一層際立っています。

花のない桜を見上げて
満開の日を想ったことはあったか?
想像しなきゃ
夢は見られない
心の窓

出典:LyricFind

僕のブログの中で何度も言っていますが、坂道グループの楽曲の中で1番好きな歌詞です。

記事を書いていて気づいたのですが、
この歌詞の中に「桜」という文字があるのも何かを感じさせます…。

 

3位

いよいよトップ3の発表です。
第3位は「インフルエンサー」で、6869万回再生!

乃木坂46の17枚目シングルとして、2017年3月にMVが公開されました。

現在、乃木坂46として最も多く再生されており、世間的な知名度も抜群の楽曲です。

当時のファンの間では、伊藤万理華・生駒里奈・中田花奈3人のダンスが圧倒的に印象に残っているようで、特にレコード大賞で披露された「インフルエンサー」は圧巻だったとか…。

ごましお
ごましお
見れなかったことを後悔しています…。

 

2位

第2位は「不協和音」で、8387万回再生!

欅坂46の4thシングルとして、2017年3月にMVが公開されました。

紅白歌合戦で2度披露されるほどの名曲。『欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019』の追加公演として、東京ドームで1年9カ月ぶりに披露された「不協和音」は圧巻でした。

メンバー全員が全身全霊でパフォーマンスする姿が印象的で、発売から4年が経った現在でも世界中から評価される楽曲です。

 

1位

お待たせしました。いよいよ第1位の発表です。
第1位は「サイレントマジョリティー」で、再生回数は圧巻の1億5648万回再生!

欅坂46の1stシングルとして2016年3月にMVが公開されました。

結成1年目にして紅白への出場を決め、欅坂46としてはもちろん坂道グループの中でも圧倒的な再生回数を誇り、ラストライブでは欅坂46のラストナンバーとして披露されるなど、まさに「原点にして頂点」といえる楽曲。

君は君らしく生きていく自由があるんだ

この歌詞に突き動かされたという人も多くいると思います。
従来のアイドルの常識を打ち壊す、欅坂46の鮮烈なデビュー曲が堂々の1位を獲得しました!

 

10位以降のランキングは?

ここで紹介した1位から10位の楽曲をまとめつつ、10位以降のランキングも紹介します。

それが以下の通りです!

坂道3グループMV再生回数トップ10

1位:「サイレントマジョティー」
2位:「不協和音」
3位:「インフルエンサー」
4位:「二人セゾン」
5位:「ガラスを割れ!」
6位:「シンクロ二シティ」
7位:「風に吹かれても」
8位:「アンビバレント」
9位:「帰り道は遠回りをしたくなる」
10位:「裸足でSummer」
11位:「世界には愛しかない」
12位:「エキセントリック」
13位:「ドレミソラシド」
14位:「いつかできるから今日できる」
15位:「黒い羊」
16位:「サヨナラの意味」
17位:「Sing Out !」
18位:「キュン」
19位:「語るなら未来を」
20位:「ジコチューで行こう!」

※2020年2月9日筆者調べ

ランキングを見ていて気付いたと思いますが、坂道3グループと言いながら『日向坂46』がトップ10にランクインしていません!

という事で、おひさまのために日向坂46のMV再生回数トップ5をまとめてみました。

日向坂46MV再生回数トップ5

1位:『ドレミソラシド』
2位:『キュン』
3位:『ソンナコトナイヨ』
4位:『こんなに好きになっちゃていいの?』
5位:『アザトカワイイ』

※2020年2月9日筆者調べ

シングル4曲とリード曲が上位にランクインする、納得の結果ですね。

実は、個人的に3グループの中だと日向坂46が1番好きなので、今回解説できなかったことは少し残念です(笑)

ごましお
ごましお
おひさまのみなさん!頑張りましょう!!

 


最後に

坂道グループMV再生回数ランキングトップ10、いかがだったでしょうか。

参考までに、トップ20までのグループ別ランクイン曲数は以下の通りになりました。

乃木坂46:8曲ランクイン最高3位

欅坂46 :10曲ランクイン最高1位

日向坂46:2曲ランクイン最高13位

記事冒頭で示したチャンネル登録者数は乃木坂46が首位だったのに対し、再生回数ランキングでは欅坂46がトップという結果になりました。

特に、ランキング上位10曲中6曲が欅坂46という圧巻ぶりをみせました。

今回の結果から、ファン数の多さは乃木坂46・神曲ぞろいな欅坂46、・今後さらなる発展が期待される日向坂46と、グループそれぞれの個性が見えたのではないでしょうか?

乃木坂46の中心メンバーである白石麻衣の卒業櫻坂46への改名など大きな転機が続いていますが、これからそれぞれの坂を全力で駆け上がってほしいです!

「絆っていいね、坂組だ!」

 

 

「日向坂46」についてもっと知りたい人へ

「櫻坂46」についてもっと知りたい人へ

 


ABOUT ME
ごましお
どこにでもいる普通の大学生。 「ライフハック」と「稼ぐ力」についてゆるっと発信。
あわせて読みたい