ブログ運営

【提案】「読者のためにブログを書くのは疲れました」という人へ

悩む人
悩む人
ブログ記事は「読者のため」に書くのが良いのは知ってるけど、もう疲れたよ…
ごましお
ごましお
その悩みにお答えします!
この記事を読んでわかること

・「読者のために記事を書く」ことの本質がわかる
・読者に尽くすメリットとデメリットも紹介!
・実際に悩み続けた筆者が解説

この記事を書いている人

詳しいプロフィール▻ごましおについて

この記事は約4分で読み終わります

ブログを開いていただきありがとうございます。
『ごましおさらだ』へようこそ!

こんにちは、ごましお(@gomashio_salad)です!

 

「読者のために記事を書け!」

ブロガーなら1度は聞いたことのあるおなじみのフレーズですよね。

しかし、入念なキーワード・競合のリサーチや記事構造の組み立てなど、読者のために記事を書くというのは相当大変な作業です

また「読者のため」に記事を書くことを突き詰めると、自分が書きたくないというジャンルやコンテンツを取り扱うケースも出てくるでしょう。

このように大変な作業を続けていると、どうしても「ブログ運営面倒だな…。」「ブログ運営楽しくないな…。」と悩んでしまう人も出てくるはずです。

ごましお
ごましお
実際に僕も悩んでいた経験があります。

そこで今回は、改めて『読者のため』に記事を書くことでどのような効果があるのかを考えていきたいと思います。

「読者のために記事を書くのは疲れた…

という方は必見です。それではいきましょう!

きっかけ

まず「読者のために記事を書くのは疲れた」という方との境遇を揃えるために、僕がその考えに至ったきっかけを紹介します。

ごましお
ごましお
自分と重ね合わせて楽しんでいただけたら嬉しいです。

僕が「読者のため」に記事を書くのが面倒だと感じたきっかけは『YouTube』の存在です。

僕はとにかくYouTubeが大好きで、様々な動画を見るのが日課となっています。

そんな中、YouTuberが作る動画は「自分たちの”楽しい”を突き詰めたもの」というイメージを持つようになりました。

その後ブログを始めたある日、YouTuberと自分を比べたときに『”楽しい”を突き詰めて成果を出しているYouTuber』『書きたくもないものを書いて成果が出せない自分』というギャップに気づき、「読者のため」に記事を書くのが億劫になります。

僕のケースはあくまで一例ですが、ブロガーの皆さんも「読者のために記事を書く」ことが面倒になってしまった経験はあるかと思います。

という事で、ここからは「読者のために記事を書く」ことの本質を見ていきましょう!

「読者」を考えないとどうなる?

ここでは「読者のために記事を書く」という作業の本質を考えるために、読者を無視するメリット・デメリットについて解説していきます。

「読者を無視する」という言葉は誤解を生みそうですが、ここでは「読者を考えないで記事を書く」という程度で捉えてください。

ごましお
ごましお
それぞれ3つずつ紹介していますよ!

メリット

まず、読者を無視するメリットは以下の3点です。

読者を無視するメリット

  • ブログを書くのが楽しくなる
  • ネタが無限に思いつく
  • ニッチな層にウケる

それぞれ解説していきます。

ブログを書くのが楽しくなる

読者を考えないと、キーワード選定・競合リサーチ・構成の作成といったハードな作業をする手間をなくすことができます。

また、自分の書きたいことを書くという自由度の高い執筆ができるため、「ブログを書く」という作業自体は楽しくなると思います

「作業自体」という言葉を使っていることからわかるように、ここでの”楽しい”は記事が生み出す成果を考慮に入れていません。

ごましお
ごましお
ただ、ブログ執筆の作業が楽しくなるだけでも相当なメリットですよね。

ネタが無限に思いつく

先ほども述べましたが、読者を定めないと記事の自由度が格段に跳ね上がるのでネタが無限に思いつきます。

当ブログでこれまでに『ネタ』に関する記事をいくつか上げているように、ブロガーにとって『ネタ』は大きな悩みの原因といえます。

その悩みから解放されることもメリットとしてあげられるでしょう。

当ブログで『ネタ』について扱った記事がコチラ

【初心者向け】ブログのネタ切れを一瞬で解決するウラ技3選ブログのネタが思いつかなくて困った経験はありませんか?今回はそんなブロガーさんに向けて、(ほぼ)毎日更新している筆者が『ネタ切れを一瞬で解決するウラ技』を3つ紹介します!安定してブログネタを生産し続けたいという方は必見です。...
【裏技】アイデアを生み出す「3B」とは?[実例付きで解説]「どうしても良いアイデアが思い浮かばない…。」日々の生活の中でアイデアを求められるシーンは意外と多くあります。そこで今回は、良いアイデアを一瞬にして生み出す"裏技"『3B』を紹介します!普段から良質なアイデアを求められる方は必見です!!...

ニッチな層にウケることがある

自由度の高いブログだと好きなことについて徹底的に書くことができるため、同じ趣味を持つニッチな層から大きな評価を得ることがあります。

「ニッチ」という言葉の通り、あくまで小規模ではありますが、ブログのファンになり得る貴重なユーザーを獲得できるのはメリットだと言えるでしょう。

デメリット

次に、読者を無視するデメリット3つを紹介します。

読者を無視するデメリット

  • SEOに弱くなる
  • SNS流入もダウン
  • ブログの評価を落としかねない

それぞれ解説していきます。

SEOに弱くなる

まず、言わずもがなSEOに弱い記事しか作れなくなります。

そもそもGoogleは「ある読者の悩みを解決するために有効な記事」を検索上位に設定するので、読者をしっかり定めていない記事はSEOに弱いです。

「SEOなんていらなくない?」という声も聞こえてきそうですが、ブロガーでSEOを無視しながら成果を上げている人はほとんどいません

あなたがブロガーとして成功したいのであれば、SEOは最も重要な指標となります

検索順位1位を大量生産したノウハウはコチラ

【すべて公開】大学生が5か月ブログを運営した結果 記事数/PV数/収益普通の大学1年生が立ち上げたブログ『ごましおさらだ』も、運営から5か月が経過しました。そこで今回は、当ブログの5か月目の運用報告を行っていきます。気になるpv数・記事数・収益など隠すことなくすべて公開します。また、Twitter・stand.fmの運用報告も…!ブログに興味のある方は必見です。...

SNS流入もダウン

読者を考えない記事は、当然ですがSNSからの流入も減るでしょう。

SNSから流入を得るには、SEOとは違ってフォロワーに寄り添う記事が求められます

例えばフォロワーに「エンタメ好き」が多い中で、どんなに良質な「プログラミング」の記事を書いてもSNS流入は得られません。

そもそも、読者を制定していない記事がフォロワーに寄り添うことは不可能です。

ブログの評価を落としかねない

ブロガーにとって重要なSEOの順位は、主に「記事のコンテンツ」と「ブログの信頼度」によって決まります。

「記事のコンテンツ」とは、記事がどれだけ有益かという記事の中身の事です。

「ブログの信頼度」とは、過去にどれだけ有益な記事を生み出してきたか(=そのブログがどれだけ信用できるか)を表しています。

読者を無視して記事を書く場合、当然ですが有益な記事を生み出せる可能性は低くなります。

そのため、読者を無視した記事を書き続けた場合、ログ自体の評価が落ちる可能性も考慮しなければなりません

ごましお
ごましお
記事を頑張って書いて「コンテンツ」を良くしても、「ブログの信頼度」で順位が落とされるのは嫌ですよね…。

【結論】9:1

これまで「読者のため」に記事を書くことについて述べてきましたが、具体的なアクションプランとしてはどうするのが良いのでしょうか?

僕の結論は『9:1』です。

これは「読者のための記事」が9で、「自分の書きたい記事」が1ということを指します。

ひよこ
ひよこ
「読者のための記事」が10の方が良いんじゃないの?
ごましお
ごましお
確かにそれは理想ですが…

ここで僕が言いたいことは、「自分の書きたい記事」でも「読者のための記事」になり得るという事です。

その例として、この記事が挙げられます。

【徹底解説】人気急上昇中のYouTuber「だいにぐるーぷ」とは現在人気急上昇中の『だいにぐるーぷ』というYouTuberをご存じでしょうか?今回はファン歴2年上の筆者が『だいにぐるーぷ』とは何なのかについて紹介します。メンバー全員のプロフィールから動画のスタイルまで【徹底解説】しているので、ぜひご覧ください!!!...

これは僕が好きなYouTuberについて書いた記事ですが、「だいにぐるーぷ(Youtuberの名前)」を知らない人に向けて書いた記事でもあります。

すなわち、僕が好きなことを書きながら読者のニーズを満たすこともできているのです。

僕はこのような記事を「自分の書きたい記事」として考えています。

ごましお
ごましお
こうすることで、楽しみながらブログを継続することができますよ!

皆さんも、自分のスタイルに合わせてブログ運営を楽しんでみてください!


ABOUT ME
アバター
ごましお
どこにでもいる普通の大学生。 《大学生の日常》と《ブログ運営》を軸にゆるっと発信。